フミン酸

フミン酸 ssp入り コーディング

フミン酸が動植物に由来する天然物質であり、風化炭(軟らかい褐炭)の一種である。太古の動植物が堆積して炭化が進み石炭化したあと、それが風化してできるフミン酸である。高分子で均一無しの芳香族性が高い物質である。ポリフェノール型カルボン酸、カルボキシル基、また、その他の活性官能基を含まれている。フミン酸の外観が黒褐色を呈している。フミン酸が堆肥生物活性を高める理想な添加剤である。堆肥化過程がフミン酸及びフルボ酸などの有機酸の釈放を速くする。

 

商品類別:

・ピュアフミン酸円形顆粒

フミン酸成分:50%
水分<20%
硬度:0.7KG

・コーディングフミン酸

フミン酸成分:45%
水分<20%
硬度:0.3KG
※ごく稀な場合は仮性固結が生じる可能性もあります
特徴:手を汚さない

・SSP入りフミン酸

フミン酸成分:45%
水分<20%
硬度:1.75KG
既製品の加入比例は20%,配合比率によって、製品に見える白い点の色が変わり,硬度もさ影響されます。

製品のご紹介:

  • 1、 養分がフミン酸との結合を通して栄養の吸収を高める。また栄養のパランスを維持する。
  • 2、 土壌構造を改善し土壌分子間の流動性を増加する。植物がN、P、Kへの吸収を促進させる。
  • 3、  酸性及びアルカリ性土壌を中和し、土壌PH値を調節する。アルカリ性及び酸性土壌には著しく効果がある。
  • 4、  硝酸塩を地下水へ浸透防止し、天然水資源を護る。
  • 5、 作物の抵抗力を高める。暑さ、寒さ、害虫への抵抗性をつける。樹勢回復時にも役立つ。
  • 6、 窒素の安定、窒素の肥効を改善する。(尿素の添加剤として使える。)
  • 7、 農作物をさらに健やかに生育させる。
  • 8、  特にNa元素、毒性化学物質及び重金属には緩和作用がある。
  • 9、 発芽の促進、根の伸長、そして植物の増殖の促進など、の効果が得られる。
  • 10、真菌成長の促進を通して土壌構造を改善する。団粒化構造を形成し更に水及び酸素を吸収しやすい。根の伸長を改善する。
  • 11、土壌中の尿素肥効を60-80日間延長させる。葉面肥料に用いる尿素の燃焼反応を緩和する。

应用:

  • 1、 育苗期又は生育期に2~3回と施用し、ha当たり50-100kgの量で散布してください。田畑作物及び窒素、リン酸の複合肥料に使うほうが最適である。
  • 2、  果樹類:成木1本当たり1—2kgを散布してください。
  • 3、  他の添加剤ある複合肥料にトン当たり30-60kgフミン酸を入れる。或いは、土壌の場合にって自主調整可能である。

規格:

項目 標準
フミン酸(乾基) ≥50.0% ≥60.0%
有機物 (乾基) ≥60.0% ≥70.0%
C.E.C (乾基) ≥1.8mmol/g ≥2.5mmol/g
PH 値 4.0-6.0 4.0-6.0
外観形状 粉末/自然粒/丸粒
サイズ (2-4或いは1-3 mm) ≥95.0%
ふるい (60-80目) ≤5.0%
包装 25kg又は50kgの ポリエチレン袋及び紙袋となる。或いは、お客様の要求により調